コピー機は購入するよりリースしよう|メリットがたくさんある

トナー

リース契約が一般的な手法

リコーの複合機はリース契約を結んで導入されるのが一般的な使い方です。保守などが含まれたリース料金と印刷枚数に応じて金額が変動するカウンター料金のみなので、ある程度、月々の支出を計算する事が出来ます。トナーを自身で購入する必要も無いので、手間なく利用が出来る契約形態であると言えます。

初期費用を抑えよう

コピー機

借りるとお得が満載

業務用のコピー機は非常に高いです。会社に何台も導入しようとすると、初期費用が莫大にかかってしまいます。そんな時に、コピー機のリースを利用する手があります。リースには、いくつかのメリットがあります。まずコピー機をリースすることで、購入するための初期費用は、一切かからないメリットがあります。また、コピー機のリースの支払いは、経費扱いができます。その為、税金対策をすることができるメリットがあります。固定資産税は所有権がリース会社にあるため、リース会社が払うこととなります。さらにはコストの把握がしやすく、財務管理がしやすいというメリットもあるので、お得なことばかりです。コピー機のリース方法は簡単です。まず業務用のコピー機を扱う会社を探しましょう。今はネットで会社を探すことができます。電話で依頼をすれば、近くの店舗から、営業の人が来てくれます。そこでコピー機を選びましょう。コピー機は、メーカや機能、料金などで選ぶことができます。特に、会社で必要な機能がある場合、その有無も確認しましょう。そして選び終えたら、台数やリース期間などを決めます。その後、仮契約となります。仮契約になるのは、リースにおいて会社の審査があるからです。この審査が終われば、本契約となりコピー機の導入になります。あくまでリースですので、大切に使いましょう。契約期間が終われば、返却になります。今は短期間か長期間か期間を選べる会社もあります。まず、試したい人は、短期間を選んでみるといいですね。

電話

最新機種が少負担で利用可

ビジネスフォンを導入する際にはリースがおすすめです。新規購入してしまうと必要な機能のある機種への買い替えも難しくなりますが、リースであれば簡単に実現します。また税法上、リース料は全額経費となりますので固定資産として計上する必要がなく節税になります。

男性

無線機器を安価で利用可能

インカムは複数の人に同時に素早く連絡を取るのに便利ですが、たまにしか利用しない方にとっては購入までするのは大変です。レンタル業者を利用すれば、より安く必要な時だけインカムを使うことができます。申し込みはネットで手軽にでき、配送による受け渡しなので遠方から注文される方も安心して利用できるでしょう。