コピー機は購入するよりリースしよう|メリットがたくさんある

最新機種が少負担で利用可

電話

使い勝手の良さはお墨付き

企業の備品を購入する際に注意したいのが固定資産になるかどうかです。固定資産になると減価償却が必要となり、固定資産税の課税対象になることがあります。電話機も例外ではなく、複数台を購入した場合には事務作業負担が増えることもあり得ます。リース料金はビジネスフォンを利用している一定期間発生しますがリース料金は税法上、全額が経費として処理できるので節税になります。また、中古機種のビジネスフォンでは使い勝手が悪かったり、電気代が高くついたりして思ったほど安く利用できないこともあります。ですので、大手企業で利用されているビジネスフォンのほとんどはリース契約で利用されています。リース契約できるのは新品のみとなりますので、最新機種が月々の負担少なく導入できます。最近のビジネスフォンは技術の向上が反映されていて、機能が多彩となりビジネスを強くバックアップしてくれています。リースを利用すればビジネスフォンを購入する資金は不要となりますので銀行からの借り入れ枠や購入資金は運転資金に回すことができます。保険の対象となっているため災害や盗難での損失や落雷などで使用不可となった場合にも損害保険の保証が受けられることとなり安心です。リースに対する悪い口コミもありますが、長期間のリース契約を解約できないとしてもビジネスフォンは企業経営に不可欠ですし、使い続けていく備品です。新規購入してしまうと買い替えも難しくなりますが、リースであれば他機種に乗り換える方法を取ることもできるので心配する必要はありません。