コピー機は購入するよりリースしよう|メリットがたくさんある

リース契約が一般的な手法

トナー

手間が掛からず便利です

リコーの複合機はトナーを使用するレーザープリンターです。いわゆる家庭用モデルでは無く、オフィスなどで使用される大型の複合機を専門的に扱っています。リコーではこのトナータイプの複合機を販売およびリースという形で提供していますが、安定した稼働の為のメンテナンスが欠かせないビジネスシーンにおいては多くの利用者がリース契約を行い保守契約も合わせて結んでいます。リコーの複合機のリース契約では月々のリース料金にトナー料金と保守料金が含まれた形となっているので、突発的に経費が掛かる事がありません。保守などが含まれたリース料金に印刷枚数に応じて料金が変動するカウンター料金が掛かるのみなので、毎月の支出はある程度、予測する事が可能となります。また、専用の窓口に問い合わせを行う事で迅速に修理に駆けつけてもらう事も出来ますし、トナーなどの消耗品も不足が発生しない様に準備を行ってくれるので常に安心して使用する事が出来ます。特にリコーはサービス拠点の数が国内屈指の数となっているので、その対応力には定評があります。もちろん、単体での販売も行っており、保守契約を結んでいなくても故障が発生した際にはスポット修理という形で依頼をかける事も出来ます。ただし、保守契約を結んでいる場合と比べて、対応に時間が掛かる上に費用も割高になるのが実情です。余程の意図がない限りはリース契約を結び、安心感を持って複合機を使用するというのが基本的なリコーの複合機の使い方であると言えるでしょう。